くらもと古本市に行ってきました!

先週末の連休を使って
OZ TRIP秋号「秋だから行きたい! やりたい! 50のコト」で
紹介させていただいた、くらもと古本市に行ってきました!

長野県諏訪市の諏訪五蔵と呼ばれる
5つの蔵元が集まっている場所で行われていて
一番大きく展開されていたのが「真澄」さん!
こうして看板が立っていて

__ 1

 

中に入ると、こ、これは…!

__ 2

 

むしろふだんここは一体何なんだ!(聞けばよかった…)
というくらいに馴染んでいます!
古本市じゃなくて古本屋さんじゃないか!というくらいに、馴染んでいます!!!

たくさんの本屋さんが出店という形で集まっていたのですが
古本だけでなく新しいものもあって
旅の本、料理の本、詩集、リトルプレスなど
店主さんのご趣味が垣間見えるような素敵な品揃えでした。

最近古本めぐりができていなかったため
古本に対する抵抗力(?)を失っていた私は
あれよあれよという間に6冊の本を抱えていました。

いかん、これはいかんぜよ、と考えていると、
ありがたいことに試飲の順番が回ってきました。

(抱えてしまった本たちへの愛情をリセットするチャンス!)

そう、この日真澄では320円のショットグラスを買うと
8種類の日本酒・焼酎が試飲できたのです。
真澄の日本酒は有名ですが、
一度も飲んだことがなかったのでとても楽しみにしていました。

__ 3

 

真澄のスタッフさんが、一種類ずつお酒の説明をしながらグラスに注いでくれます。
すっきりめの日本酒が好きなので、夏によく出たという「生酒」、
あとは定番の「特選」が特においしかったです♪^^
そして何よりも昼間っから日本酒で酔っ払えるということ自体が幸せでした。

ほろ酔いで古本市へ戻り、
新刊を3冊持っていることに気付いたので(リセット効果!)
古本のみ3冊を購入。
古本めぐりで楽しい瞬間といえば、
これまでいろんなところで見ていながらも
あまり気にとめていなかった本に手が伸びて
あぁ、今が買うタイミングなんだな、と分かるときです。
本から会いに来てくれたような感覚になります。

さて、古本市はまだ続きます。
「真澄」から移動して、今度は「本金」さんへ

__ 7

 
ここはあまり大々的でなく、小さなスペースにお酒に関する本が並べられていました。

__ 8

 

開高健の面白そうなエッセイを見つけて購入!

その後「麗人」さんであった三百円均一に行き、

__

満足して帰路につきました。

私が諏訪の土地を踏んだのは今回が初めてで
諏訪出身のお友達に案内してもらっていたのですが
諏訪湖の雄大な眺めや
それに合わせて時間がゆっくり流れている感じがとっても素敵で
また来年も飲み歩きしに行きたくなりました^^

古本とお酒好きにはたまらないこのイベント、
来年も開催されるといいなぁ。。♪

中川


OZマガジン TRIP秋号 

9月8日発売のOZマガジン TRIPにて、
「秋だから行きたい! やりたい! 50のコト」という特集を担当しました!
空気が澄んで気持ちよくなる秋は
飛び出したい願望のある旅好きにはたまらない季節ですよね。
私もこの特集の下調べをしながらワクワクしていました。

初めにこういう特集をすると聞いたときは、
楽しそうな企画だなぁとざっくりと捉えていたのですが
実際作業に取り掛かり始めてから
あぁ、これは大変なことが起こっている…と悟ることになりました(笑)。
とにかく、何をするにも50あるのです。全ての作業×50です。
電話をかけるだけで3日はかかったような気がします。

同じ号で舟橋さんは箱根の特集も担当していたので
こちらの特集は下準備だけでも私がしっかりと整えなければ、と思いながらも
案の定ビシッとそろえられず反省、反省の毎日でございました。(遠い目)

ただ、修行の甲斐があったのか
電話を呼び出しながら他のことが考えられるようになりました。
全力で集中してから受話器をとっていた初期を思うと
私の中ではかなりの進歩なのです(笑)。

そんな、私たちの涙と汗の結晶ともいえる(言い過ぎ…?)
できあがりの誌面はこんな感じです!

50のこと1ページ目

 
画像では分かりにくいですが、新聞風のデザインでまとめられています☆

ちなみに今週末、ここで紹介させていただいた
くらもと古本市に行ってきます!

くらもと古本市紹介

ほかにも
かまくらブックフェスタ、友ヶ島、八ヶ岳ナイトウォーク、
大月ロハス村、瀬戸内しまのわ2014、高野山、ナイトアクアリウムなどなど
おもしろそうなイベント・場所が満載です!

本屋さんやコンビニで見かけた際はぜひお手にとってみてください♪

中川


OZマガジン 別冊OZ TRIP 間もなく発売!

OZマガジンの増刊号で、日常から抜け出すショートトリップを提案するOZ TRIP、夏号が6月26日に発売されます。
今度はable-foolは長野県3エリア(松本・安曇野・上高地)を担当しました。
夏らしく、「水紀行」がテーマだそうで、1冊通して涼しげな雑誌になっているかと思います。
長野も取材でたっぷり満喫しましたが、他はどんなエリアが載っているか楽しみ♪
書店で見かけたらぜひお手に取ってみてくださいね。
私は今回いったなかだと、安曇野が一番お気に入り。
山の迫る風景や広がる田園風景が三重県の田舎に似ていました。

azumino_river

azumino_ricefarm

azumino_bridge

東京からのアクセスもいいし、老後はあんなところに住みたいです。


鳥インフルエンザがまた…

九州・熊本でまた鳥インフルエンザが発生していますね。
感染力が強いこのウイルスは、密飼いが一般的な養鶏には本当に恐ろしい病気です。

暖かくなればウイルスも弱まるのではないか…と今朝のテレビで専門家が話していましたが、
弱まるのを待っていたらどれだけ被害が広まるか…。

いつからか耳慣れてしまいましたが、鳥インフルエンザや口蹄疫、狂牛病など、家畜の病気が本当に増えました。
システマチックな生産を追求した末の歪みでしょうか。
スーパーなどで安いお肉を見ると、そんなに価格を下げてまで流通を増やす必要があるのかな?とも思います。

必要最小限だけお肉を用意するのなら、今のような密飼い、ただ太らせることが目的の偏った飼料も必要なくなるのではないでしょうか。

「足るを知る」とは昔の人はよくいったもので。
足りるように過ごせば、うまくバランスが取れるように生態系とは勝手にできているのではないかと思います。


1 2 3